スキッリしたーい\(^o^)/    ジャニーズBBAの    四方八方 よもやま話

頑張る人を応援したい!頑張る人に力をもらう(≧▽≦)ゞ 軽いジャニヲタの入った50過ぎたおばさんが、今日もテレビの前で つぶやきま~す(ノ´∀`)ノ♪

めざまし&みんなのニュース!「SMAP 25 YEARS」ベスト50収録曲決定●~*1位「STAY」の先にあるもの・・・・

朝一番。フジテレビのめざましテレビ軽部アナのアナウンスで50曲決定を知った。

今日は木曜。Hay!Say!Jump伊野尾慧のレギュラー曜日だ。

後輩の伊野尾は、神妙な顔でそのランキングを聞いていた。

デビュー前のJr.時代。テレビで「BANG!BANG!バカンス!」を歌った思い出がある、とコメントした。

ここ最近、SMAPの間近で仕事をできた後輩グループは、キスマイぐらいだろうか・・・

夕方、めざましテレビと同じフジのみんなのニュースでは、「やくさん」というやくみつるのエンタメ情報コーナーで、ファン投票で決定した「SMAP 25 YEARS」収録曲全50曲を短いながら全て流した。

「セロリ」が入らず、野菜高騰のあおりかと軽口を叩こうとしたが、どうやらそんな雰囲気ではない、とやくみつるも神妙な顔になる。

 

1位「STAY」の歌詞にみる、ファンのあまりにも熱いSMAPへの思いに、冗談など言えない。そう思ったのだろう。

 

2015-2016 TBSのCDTVは見た。

フジテレビではにぎにぎしくジャニーズ恒例のカウコンが放送された。

その放送時間が終わったところで、裏のチャンネルでSMAPの登場だった。

大晦日から新年に変わる瞬間。

毎年不思議な現象が起こる。これも恒例であった。

中居が今終わったばかりのフジのカウコンの話をTBSでし始めた。

彼らもやはり、出たいのか・・・・

切なくなったが、SMAPのパフォーマンスにその悲しみは微塵も見れなかった。

まだ、あの騒動が起こる前。まもなく起こるあの騒動の予感など、私には少しもなかった。

STAY~木村拓哉が歌い始めた。

この歌を歌う意味?

25周年に向けて、SMAPファンに向ける彼らの気持ちと受け止めていた。

 

この先どうしようもなくすれ違ったり

言い争いがあったりしても

どうか道の途中で 手を放そうとしないでよ

ちゃんと繋いでてよ

Let you know 大事なのは続けること

楽しいだけでは入れない時も  

 

I'll be・・・Won't you stay?

We'll be 罪を捨て 僕らずっと共に歩こう

永遠なんて言わないからさ 5 60年 それだけでいい

There will be good days

キミをほしっくて これ以上の願いはないよ

キミのポケット 潜む孤独も ゆっくりと溶かすから

We'll be together Yours ever

 

今になって思う。

これは、彼ら自身に向けた思い・・・・

去って行った人への思い・・・・

思いの先は、どこにあったか・・・・

 

慎吾が拓哉と中居の間に入り肩を組む。

素敵な笑顔だ・・・

その後、わずか数週間で、この笑顔が消えた。

 

あの日、ファンも、SMAPも誰一人、あんな事になるとは思っていなっかたはずだ。

何かが、違った。

何かが、動いた。

何かに、気づいた・・・・

 

28年の時の流れが、大きく変わった。

 

永遠なんて言わないからさ

5、60年 それだけでいい

 

ファンは、きっと思っている。

 

SMAPだって、きっとわかっている。

 

敵が事務所なんてちっぽけなものならいい。

 

そんなものだけで、彼らは口を閉ざしていると、本当に思っている?

 

そんなものに屈する理由が、彼らにはある?

 

見えないものを、見たいと思う。

 

見えない理由を、見たいと思う。

 

彼らが一瞬で決めなければならなかった理由は、なに?

 

きっと、今は、道の途中・・・・

 

その手を離そうとしない沢山のSMAP愛する人たちがいる。

 

あなたと共に歩こう

 

いろんなことを乗り越え

 

たったの50年 一緒に・・・

 

たったの50年・・・・

 

ならば今は、ほんの一瞬?

そう思える日が来る。

必ず来る。

 

彼らが闘う、本当のものを乗り越えるまで、一瞬。一瞬だけ待てばいい。

手を離さずに、待てばいい。

 

終わりに向かっているのではない。

乗り越えるための一歩を踏み出す時期が、ただ来ただけだ・・・・

 

PON!でも50曲全て流した。

青木源太アナが一番だと思う曲は2位にランキングした「オレンジ」

上の娘が、中学生当時、多くの周りの男子たちがこの歌を「好きだ!」と言って驚いていたという。自分もよく歌ったなぁ・・・・と「オレンジ」を口ずさむ。

 

人波の中でいつの日か偶然に

出会えることがあるのならその日まで

 

この一節の歌詞を青木アナは大切に思っている。

 

「今は時間が止まっている。またすぐ先が始まります。そう信じてまってます。」

彼の思いを熱く語った。

 

 

SMAPであり続けるために・・・

きっと今は、そのためにある。

そう、私は信じている。

 

私は「夜空ノムコウ」に一票を投じた。

信じる。ただ信じることを、彼らにも忘れないでいて欲しかったから・・・・

 

あなたは、どんな曲に想いを詰め込みましたか・・・・?

 

 

SMAP 25 YEARS」ベスト50収録曲はこちらで●~*

smap25years.com