読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキッリしたーい\(^o^)/    ジャニーズBBAの    四方八方 よもやま話

頑張る人を応援したい!頑張る人に力をもらう(≧▽≦)ゞ 軽いジャニヲタの入った50過ぎたおばさんが、今日もテレビの前で つぶやきま~す(ノ´∀`)ノ♪

木村拓哉の情けなさ

卓球男子決勝進出ー\(^o^)/

リオでは今日も熱い戦いが繰り広げられている!(^^)!

頑張れニッポン!頑張れ水谷!

朝からリオは、皆、前向き!

前向き・・・前向き・・・

「前向き」と言えば、関ジャニ∞の昨年今頃のシングル「前向きスクリーム」を思いだす=^_^=

 

 前むーき! 前むーき! 前むーき!前むーき!~♪

 前むーき! 前むーき! 前むき!前むーき!~♪

 

ここだけを延々に歌っていた記憶がある。

タイトルにある「スクリーム」とは、今年5周年YEARで「I SCREAM」を掲げているキスマイと同じ「SCREAM=叫ぶ!」だったのだろうか?

なら私の取っていた行動には間違いがなかった(*^_^*)

確か去年の今頃は、何かあってもなくっても、「前むーき!前むーき!前むーき!前むーき!」と家族の尻を叫びながら叩いていた記憶がある。

 

今年に入ってからの前向きと言えば・・・

思い出されるのが、あの緊急生放送内で発せられたキムタクの言葉である。

「これから自分達は何があっても、前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので・・・」

 

直接「前向き」とは言ってはいないが、「前を見て、ただ前を見て進みたい」は、ほぼほぼ同じ意味だろう。

因みに「前向き」の意義素(=「語の意味を扱う言語学の一分野で、個々の語には一回ごとの具体的な用法の制約を離れても一定の子本的意味がある、とする立場から設定される意味的単位。意味成分。」とあったが、恐らくほぼほぼ同じ意味・・・ということだろう(-.-))

を調べると、

◆事態や物事の良い面だけをとらえる考え方のこと

◆物事を能動的によくしていこうとすること

とある。

そして類語に至っては、

 プラス思考・楽天的・楽観的・ポジティブシンキング・肯定的

とあった。

では、あの会見時キムタクは、実際何を考え、前を見て進もうとしたのだろうか?

これだけマスコミ メディアに騒がれた年始早々からの大事件ーSMAP騒動。

私も間違いなく巻き込まれた一人である。

騒動第一報の朝2016/1/13・・・

上の娘に朝五時から「ママ大変!」と叩き起こされ、そこからテレビや新聞、ネット記事をあさりまくり、昼過ぎにはぐったりしたのを覚えている。

 

フォーリーブスやフィンガーファイブ、ずうとるびにジャニーズJrスペシャルetc.・・・小さい頃から応援してきた男性アイドルグループは尽く解散してきた・・・

 

しかし、そのトラウマを払拭するかの如くSMAPは第一線で活躍を続け、気づけば、その後を追う多くの昔ならとっくに賞味期限切れを迎えたはずの平均年齢20-30超は当たり前!的なジャニーズグールプが多方面で活躍する姿を毎日毎日見続けることができる世の中になっていた。

 

幼い頃の経験から、アイドルグループは、どんなに人気があったって、絶対必ず解散するんだー!!!と、いつしか信じて疑わなっかったこの私でさえ、今やアイドルグループは60歳定年的に長生きできる!(^^)!死ぬまで一緒に応援できる!!と勘違いし始めていた。

 

毎日毎日テレビで活躍するジャニタレを見ては、娘たちと「SMAPが走り続けているから、この子達も走れるんだね~♪」と他のジャニタレを見ながら」、SMAPのコンサートなど一度も見たことがない私でさえ語っていた。

 

そんな男性アイドルグループの指針であったSMAPの今年に入ってからの騒動の数々は、まっこと見るに忍びない・・・

 

本人たちもそうであるが、彼らを今も応援し続けているファンの子達がまた本当にけな気でけな気で、哀しくなる・・・

「踏ん張る」

「花を摘む」

彼女ら彼らのツイッターやブログを読ませていただくと、この言葉が合言葉のように綴られている・・・

 

それぞれの思いの丈は違えども、必ず最後は「踏ん張り、そして“花を摘む”(CD:世界に一つだけの花を購入することを彼女ら彼らはそう呼んでいる)」と結ぶのである。

この7ヶ月、SMAPファンはどれだけ花を摘み、どれだけ踏ん張ってきたのだろうか・・・

 

上の娘が小学生の頃、それまで一度も欲しがらなっかSMAPのCDを「買って欲しい!」とねだってきたことがある。それはこの「世界に一つだけの花」のCDであった。

私は私でSMAPのファンではなかったが、草なぎ君が好演していた「僕の生きる道」にどっぷりはまり、毎週毎週泣いていた・・・

娘と一緒に大きな声で、手振りをしながら「世界に一つだけの花」を歌っていた・・・

そんな日常に無意識に入り込んでいたアイドルグループがSMAPであった。

そんな偉大なグループを、支え続けているファンもまた、偉大である。

無意識に入り込んでくるくらい、長きに渡ってTOPを走り続けさせてきた彼女ら彼らのパワーは素晴らしい。

しかし、ここに来て、その強大なパワーをSMAP自身が受け止めきれなくなったのは事実だろう。

所属事務所も同じ。

 

何がいけなかったか?何が違っていたのか?

 

そんなことは、事務所もSMAPも初めて経験することなのだからわかりはしない。

原因は、ただ一点。

事務所を長きに渡り、遠巻きにでもみてきた私が言えることは、「老害」だろう。

社長の老害、その姉の老害、そして事務所自体の老害

長く同じことを続けていくうちに、事務所はドンドン大きくなり、莫大な金も自由にできるようになり、好きな舞台もバンバン打てるようになってきた。対外的権力もある程度手中にできた。

 

山の頂上はもう見えた?・・・・・それともそろそろ下山かな・・・

 

SMAPのファンの間では、事務所が悪い!事務所のたくらみだ!と訴える声も少なくない。「はがきを書こう!」「上層部の解任を唱えよう」などの声も上がっていた時期もある。

しかし事態は好転しなかった。

仕方ない。老害である・・・

 

老害

本来は、世代交代が図れず老朽化した『組織』に向けて使われる言葉である。

転じて、能力の衰えた高齢者が社会や組織の中で活動の阻害をする際に使われる。

 ・・・中略・・・

自分に知識や経験が備わり、特に学習する必要がないと思い込み、元々の性格の問題が表に出始め自分の常識や意見が一般論、もしくは一般論に優越する正論だと勘違いすることがある。

ただし、これは年齢を重ねた人だけではなく、例えば幼少時から体育会系集団に浸かっていた・自分はIQや精神年齢が高いと思い込んでいるなどの要因から、やはり自分には知識や経験が備わっており学習する必要がないと思い込んでいる若者にも言えることである(若年性老害)。

 

実際に社会には新しい仕組みや知識が作られ、必要とされなくなったものは消えているのが現状であり、古い知識は通用しないこともある。

なので(どの世代にも言えることではあるが)常に客観的、謙虚な姿勢で新しい物事を学習し続けることが大切であり、自らを客観視できる癖をつける必要がある。

 

使い方が正しいのか、念のため 調べてみた・・・・こんな意味があたっとは・・・(-_-;)

 

まさに今のジャニーズ事務所そのものか?!と読みながら思ってしまった(^_^;)

 

余談だが、反意語で「老益」という言葉があった。

意味をネットで検索したが、通常の国語辞典系サイトでは一切ヒットしなかった。私の腕が悪いのか・・・(-_-;)

 

かろうじて一つヒットしたサイトにはこうあった。

「老益」

老害の対義語で、主に「チームへの貢献度が高いベテラン選手」を指す。

 

えっ?えっ?野球選手とか、サッカー選手とか、選手限定で使う言葉ー???その下の解説をみてみたが、やはり、ベテラン野球選手が凄い記録を出した時、賞賛の言葉として使われるようだ・・・(*_*;

これも無理矢理、ジャニーズにもあてはめればあてはまらない訳でもないが、今回は深追いせず・・・

 

事務所の老害に突如巻き込まれたSMAPは、本当にびっくりしただろう。

本来相手にしなければ良かったのだが、やはり相手は普通の老害ではなかったか。

文春あたりに取材を受ける?

こんなトチ狂った行動を、何故事務所の人間はとめられなかったか?

前記した老害に太刀打ちする術がなく、恐らく周りも若年性老害でいっぱいだったのだろうか。

が、しかし、標的になったSMAPや元マネージャーには本来相手にせずになんとか逃げ切って欲しかった。

相手は老害なんだ!と割り切って、相手にせずにいて欲しかった。

 

恐らく、一番ビビッて相手にしたのが木村拓哉だったのだろう・・・

あの謝罪会見後のSMAPの番組を見るとよくわかる。

他のメンバーは、すでに目が座っていた。

しかし木村拓哉だけは違っていた。

いつもいつも目が泳ぐのである。

中には、空気の悪いスタジオを盛り上げるため一人で頑張るキムタク凄い!などと違う解釈をしている方もいるが、私個人はそう見えない。

さんまさんが、昨年のクリスマス特番しんどかったー!!と騒いではいるが、それを聞いて番組録画をみなおしても、まだあそこまではきていなっかた。大晦日のCDTVの時だって、珍しく慎吾ちゃんではなく中居君がステージの構成をした・・などと言ってはいたが、まだまだこちらが気づかぬ程度には会話があったし、目も合わせていた。

 

しかし、あの会見後、間違いなくメンバーの心の中は変わってしまった。

かばう訳ではないが、木村拓哉だけはただ一人、何も変わっていなかったのだろう。なんなら、一山越した!ぐらいの達成感すらあったかもしれない。

あの時の会見。その後の自分のラジオ番組でのファンへの言葉。

彼の言葉に嘘はなく、あの時はSMAPのキャプテンさながらに大きく前向きの舵を切ったのだろう。

 

だから余計に情けない!

気づけ木村よ!キムタクよ!

老害の話なんて信じるんじゃない。嫁の言葉に惑わされるな。

育ての親を切ってまでも、守りたかったのはSMAPだったんだろう?

二つは守れなくなったから、一つだけでも守りたかったんだろう?

 

今日も朝から流れるSMAP情報。

香取慎吾が嫌だといったから、解散的なー。

 

どれが本当でどれが嘘か、なんてどうでもいいのよ。

 

SMAP解散することが事実。

 

木村拓哉に怒っているメンバーがいる、ということも、番組を見ている限りは事実と思う。

 

怒らせたんだから、頭下げて一度あやっまってごらんなさい。

 

呑み込む。とか、情けない。とか、世間になんて言わなくていいから、腹割って一度メンバーと話してごらん。

目をそらされたらこちらから合わせればいい。

話してもらえないのなら、こちらが話続ければいい。

会ってもらえないのなら、会ってもらえるまで粘ればいい。

 

楽な方に流れるんじゃなく、苦しい方へ向かってみればいい。

 

それができたら、そのあとはまた、ゆっくり考えればいい。

 

情けない木村拓哉で終わらないでください。

 

あなたの周りで、誰か一人でも良いから、

「メンバーに頭を下げろ!」と、どなってくれる人が居るといいのだけれど。

かばわれてばかりじゃ、本当の男にはいつまで経ってもなれないから・・・

 

本当のBBAになるためだって、何度か頭、本気で下げて生きてきたよ。

 

プライドよりも恐れよりも、大切なものあるんだったら、

許されなくても心から、頭下げると自分が、変われる。

スッキリするよ~\(^o^)/

 

そういいながら、在庫切れの入庫待ちで、ポチと一本花を摘む.・・・

 

今日もやっぱり、朝から暑い!